タイトル
志賀内プレミア人脈塾
誰もが手の届く超リアル体験出版術

「まず、一冊目」のノウハウをお教えします
第一部:「私が一冊目の本を出すまで」(講師:志賀内 泰弘 氏)
〜まったくのゼロから本がこの世に出るまでの軌跡〜

「ベストセラー」を生み出した体験を公開します
第二部:「私がベストセラー作家になれた訳」(講師:中井俊已 氏)
〜無名な人が本を出版するための企画・執筆・売り込み方の秘訣〜

みなさんの質問を事前に受け付けます
第三部:質問コーナー
両名の講師が、質問に簡潔かつ正直にお答えします。

日時
2009年4月24日(金)18:30〜22:00(18:00開場)
場所
世界の山ちゃん本丸店 4階セミナー会場(丸の内駅下車4番出口徒歩1分)
※ 居酒屋山ちゃんの上です。お店に入り、4階までエレベーターでお入りください。
講師
志賀内 泰弘 氏

>> 志賀内 泰弘 氏プロフィール

中井俊已 氏(作家・教育コンサルタント)

1959年生まれ。長崎市在住。 長崎大学教育学部卒業。学生時代は、読む、書く、話すことのすべてが苦手だったが、 少しずつ自己改革をしていく。

その結果、小中学校教諭時代に持った「死ぬまでに1冊の本を出したい」という夢を実現。 以来、ここ数年で30冊以上の本を刊行。 教師をしながら新聞コラム執筆、講演活動など幅広く活躍し、 2005年4月から作家、教育コンサルタントとなる。

主な著書に、17万部発行のベストセラー『ラッキー!』『ハッピー!』シリーズ、 『元気がでる魔法の口ぐせ』『マザー・テレサ愛の花束』など多数ある。

>> 中井俊巳 氏プロフィール

参加費
50,000円/人(税込)
早割コース申込期日参加費
早割A
終了
3月15日まで30,000円
ご入金は3月31日締
早割B
終了
3月31日まで40,000円
ご入金は4月17日締
早割C
終了
4月22日まで45,000円
ご入金は4月23日締
定員
50名
対象者
本を出したい!と思っている方すべて
内容

◆ 第一部(講師:志賀内 泰弘 氏)

 本を一冊出すと、人生が音を立てて変ります。 それも、あれあれっと思っているうちに、 ドドーンと目の前で音を立てて変わります。 それは、出した人にしかわかりません。

 仕事が向こうからやってきます。 「会いたい」と人が向こうからやってきます。 つまり、信用とお金が身に付くのです。

 本を出したい人は、たくさんいます。 「出せるくらいなら、もう出しているよ」 とおっしゃる人も多いでしょう。

 なぜ、まず、一冊が出せれないのか。 誰も、真剣になって教えてくれないからです。 だって、ほとんどの作家が、一冊目を出すまでに苦しんでいるからです。

 まだ、自分自身が一冊も本を出していない頃、 様々な作家が書いている「本を出版する方法」といった内容の本を たくさん読んできました。 でも、ほとんど役にたちませんでした。

 今から思うと、よく理解できます。 そんなことを、簡単に教えたくないのが本音でしょう。 だって、「あの作家も」「あのコンサルタントも」苦労したに違いない。 そんなに苦労したのに、一冊1400円くらいで、教えたくないはずです。

 ある作家の本にこんなことが書かれてありました。 出版のエージェントと称する人から、 「30万円出したら、出版社に紹介してやる」 と言われたというのです。 清水の舞台から飛び降りるつもりで30万円出したが、 「3社売り込んだがダメでした。  もっと、売り込んで欲しかったら、追加料金を支払ってください」 と言われたそうです。

 これは、けっして詐欺というわけではなく、 そういう仕事もあるらしい。 それくらい、出版するというのは大変なことなのです。

◆ 第二部(講師:中井俊巳 氏)

私はつい数年前までは、長崎に住む普通の教師でした。 それがいまは、プロの作家になっています。

「どうやって作家になったのですか」ということをたまに聞かれます。 それについて話せば長くなるので、「それは運が良かったからです」 「天国から助けてくださる方がいたからです」などとお答えしてきました。 が、それだけでは納得できない方もいらっしゃるようです。

そこで今回初めて、より具体的なこと、 「無名な人が本を出版するための方法」にスポットをあててお話することになりました。 私が10年間以上研究し、プロの作家となった過程で経験して学んだこと、 そして今も肝に銘じて心がけていることばかりです。 それらは、その気になれば誰でも実行できる、また応用可能なことだと思っています。

こういうテーマでお話しする機会は、もうないかもしれません。 近い将来、出版の夢を叶えたい方は、どうぞこの機会を利用され、 夢の実現のために大きな一歩を踏み出し、より高く飛躍してください。

▽ 講演内容

  1. 本を出版すれば、人生が変わってくる
    (私の場合…)
  2. 出版にこぎつけるいくつかの道
    (本はその気になれば誰でも出版できる)
  3. 本の企画で大切な3つのこと
    (多くの人が陥いる間違いに陥らないために…)
  4. 執筆で大切な3つのこと
    (文才はあまり関係ない、それよりも重要なこと)
  5. 売り込み方で大切な3つのこと
    (コネがない人がコネをつくるには…)
  6. 出版社さんとの付き合い方で大切な3つのこと
    (編集者さんは良きパートナー、など)
  7. 本は発行されてからがより大切である
    (読者に広く購読していただくために…)
  8. 2冊目、3冊目を出せる人と出せない人の違い
    (何冊も本を書ける人が心がけていること)

どうぞ、後でどんどんご質問ください。

◆ 第三部 質問コーナー

 さらに、どうしたらベストセラーを出せるのか。 有名な出版社の編集長、いや、社長に聞いても、 「それがわかるくらいなら教えて欲しいよ」と言われます。

 ベストセラーをどうやって生み出したのか。 それは、一冊目の出し方以上に、 誰も本音のところを語りたがらないのです。

 志賀内人脈塾は、人の御縁の紡ぎ方を教える塾です。 塾生をはじめ、多くの人たちから、 「本の出し方を教えて欲しい」といった相談がありました。 多くの志の高い人たちに、自分の夢をかなえてもらいたい。 本を出すことで、そのステップアップの足がかりにしてもらいたい。 そんな強い思いから、この企画を考えました。 共に、夢をかなえてゆきましょう。

 なお、質問コーナーは、参加者のみなさんとの懇親会も兼ね、 お互いに今後もギブアンドギブの精神で、 生涯の友となれる場にもなればと願っています。

私たちも推薦します!
釘山健一 氏(会議ファシリテーター普及協会 代表)
「釘山氏と志賀内氏のご縁」
赤塚久男 氏(ジャパン興業(株) 会長)
居酒屋甲子園 優勝「寅゛衛門」(どらえもん)経営