タイトル

小島式「人を動かす超短企画書の書き方」
〜3つの習慣・4つの思考術・5つのアイデアスイッチ〜

日時
2009年12月5日(土) 13:00〜16:00(開場12:30)
夕方17:00〜講師を囲んだ懇親会を予定しています(4,000円〜5,000円程度)
場所
貸会議室名古屋 カネジュービル3階 第一会議室
名古屋市中村区則武1丁目2-1 カネジュービル3階
名古屋駅新幹線口徒歩5分(1階がセブンイレブン)
参加費
当日支払 15,000円(1人)
事前振込 10,000円(1人)
事前振込は3日前の12月2日(水)を締切とさせていただきます。
恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います。
対象者
経営者・企画担当者・教育担当者・起業家
定員
24名限定
主催
名古屋商法ロイヤルアカデミー(担当:岩佐
講師
小島章裕 氏ウィッテム 代表)
内容

◆偶然や思いつきではない!

“企画設計士”…おそらく聞かれたことのない言葉でしょう。もちろん、国家資格ではありません。今回の講師であるウィッテムの小島氏による独自の言葉です。一言でいうなら、「偶然や思いつきではなく、定量的にアイディアを生みだし、それをカタチにできる人」のことを言います。

◆天才型と努力型

さて、皆様の周りにも、「アイディアマン」と言われている人が少なからずいると思います。実は「天才型」と「努力型」の2種類の人がいて、その中で「どうやったらアイディアが浮かぶの?」と聞くと「んんん…なんとなく」という言葉が返ってくる人は、天才型です。元々センスを持ち合わせいますので、自分の思考回路を説明できません。プロ野球でいうミスターのような人ですね。では、「努力型」の人に聞くと、なんと返ってくるでしょうか?ここが今回の講座のポイントです。

◆子供が言葉を学ぶサイクルと同じ

講師の小島氏は「企画マンには誰でもなれる」と言い切ります。それは自らも「努力型」と評するように、「聞くノウハウ」→「話すノウハウ」→「読むノウハウ」→「書くノウハウ」、これら子供が言葉を学ぶサイクルと同じ4つのサイクルを回すことによって、いつでも、どこでも、どんな時でもアイディアが生まれ、それをカタチにできるようになる方法(ノウハウ)を自らが「企画開発」したからです。

◆1500以上の「アイディアスイッチ」の中から!

今回の講座はこれら小島氏が自ら「企画開発」した「企画する方法」について、中でも最も大事でかつ重要な「企画書の書き方」について合計12個【3つの習慣・4つの思考術・5つのアイデアスイッチ】のノウハウをワークショップで体験しながら学んでいただきます。残念ながら、3時間という短い時間ですので、すべてを学ぶことはできませんが、今回のセミナーでは、小島氏発案の合計1500以上ある具体的な「アイデアスイッチ」を使い、あなた自身にヒラメイテいただきます。覚えて帰るのではなく、明日から使えるアイデアを“お土産”に持って帰ってもらうのが目的です。あなたは噂のアイディアマンとして社内・社外に問わずキーマンになることは間違いないでしょう。お見逃しなく。