メルマガ 007名古屋商売

名古屋で活躍する経営コンサルタントが集結し「名古屋商法」にビジネスのヒントを探るメルマガのオフィシャルサイトです。 まずは、メルマガ無料登録をお薦めします

まぐまぐ

Business seminar "the Nagoya commercial law academy"

名古屋商法アカデミー 〜詳細情報

日時 10月20日(土)14:00スタート(13:30開場)
費用 当日支払:10,000円(税込)/人
事前振込(10月18日確認締切):1,000円割引
定員 25名限定 (対象者は経営者または上級管理者)
※ 社員を数名以上雇っている方、または管理している方
※ コンサルタント系の方も参加OKです。
申し込み 満員御礼ありがとうございました
タイトル

「感動ブランディングのススメ
〜あなたの事業を感動的にするために、今、必要なこと〜」

ゲスト(講師) 酒井英之氏
(戦略コンサルタント・007名古屋商法筆者・三菱UFJリサーチ&コンサルティング 経営戦略部 部長)

【講師プロフィール】

当メルマガでは007号として毎回切れ味鋭いコラム書いていただいています。 テレビにも出演されているので、ご覧になった方もお見えになるでしょう。 講演会は年に100本以上もこなす方ですので、生で講演を聞いた、という人もいるはずです。 他にも検索サイトで「酒井英之」で検索するとた〜くさんヒットしますので、ご確認下さい。

今回は最近とくに中小企業が注目している「ブランドづくり」について、語っていただきます。

ちなみに、詳しくプロフィールをお知りになりたい方は当サイトをご覧下さい。
http://www.007nagoya.com/profile7.html

ゲストウェブサイト コンサルタントの4行日記(ときどき3行日記)
コーディネーター 岩佐 卓(007名古屋商法 002号)
詳細

<企画概要>

商品の優位性だけでは、なかなかお客様から選ばれない時代。 このとき差を付けるのは、従業員ひとりひとりの態度であり、情熱です。 「お客様に本当に喜んでもらいたい」「お客様に出会えて本当に良かった」。 そんな気持ちを込めた作った商品やサービスは、確実にお客様に届きます。 ひと頃、「サプライズ」という言葉が流行りましたが、 そこで働く従業員の態度や情熱もまた、お客様の胸を打つ品質なのです。

そこで、本セミナーでは、あなたの事業に、 お客様が「そこまでするの?」「なぜそこまでこだわるの?」と驚き、唸る。 そんなサプライズを提供するためには、今の事業の何をどう変えればいいか。 1時間の講義と2時間の演習でそれに気付いてもらいます。

<時間割>

14:00〜14:20
自己紹介タイム
14:20〜15:20
(講義)感動を提供してブランディングに成功した企業の紹介
15:30〜15:45
(演習)あなたの事業がお客様から選ばれる理由を正しく認識する
15:45〜16:30
(演習)あなたの事業がもっと感動的になる方法を自分で編み出す

<講義の進め方>

ちょっと時間タイトですが、頑張ってみましょう。 いつものように、演習タイムは講師は皆さんに質問をします。 受講生は、自分の事業を題材に、その質問に答えていきます。 すると、誰のものでもなく、あなたにとって一番必要な あなたのビジネスを感動させるためのアウトプットが生まれます。

是非、多数の応募をお待ちいたしております。(といっても、最大24人)

* 終わってから、納屋橋のDRAEMON (http://www.draemon.net/)で17:30から朝礼を見ませんか? 感動の、居酒屋甲子園優勝の居酒屋ですから。(予定)

備考
002号 岩佐より

ご好評につき、酒井さんのアカデミーの第2弾です。 前回の「クレド講座」の参加者の方々の声は下段をご覧下さい。 私が酒井さんについてクドクドご紹介するより、その参加者の声をご覧になっていただくか、 検索サイトで「酒井英之」と検索すれば、ヤフーで約600件は検索されるので、ご覧になってはいかがでしょう。 ちなみに、私が検索してみて、面白そうなのを勝手に掲載しておきます。ご参考までに。

では、皆さん、10月20日(土)にお会いしましょう! 懇親会(夕方5時ぐらい〜7時か8時ぐらいまで)はご存知の方も多いかもしれませんが、 DRAEMON(http://www.draemon.net/)を予定(あくまでも予定)しています。 人脈づくりにもお役立て下さい。

場所 マナハウス(名古屋市中区栄)4C
アクセスマップ フロアマップ
連絡先 007名古屋商法 事務局
〒491-0904 愛知県一宮市神山1丁目6-16-202 有限会社ゼネット内(担当:岩佐)
aeh01104@nifty.ne.jp
ウェブサイト http://www.xenet.co.jp/
岩佐のブログhttp://xenet.nagoya.ac/

前回の酒井さんのアカデミー参加者の声(一部)

■ 今回、名古屋アカデミーに参加して思ったことは大変、皆さん熱心だと言うこと。それに今回は、リッツカールトンが実証しているクレドを自分で作ると言う研修でしたので、身が入りましたね。恐らく参加者皆さんが大変仕事の状況が似ているのでしょう、管理職として部下の輝く姿が見たいという思いでしょうか。完璧なものでなくても、一つづつ作り上げる気持ちで進んで行こうと思います。講師の酒井先生、そして主催者の岩佐様にスタッフの方々、お疲れ様でした。また、時間が有れば参加したいと思いますのでよろしくお願い致します。

■ 講座の感想を一言で言いますと、3時間の濃縮ジュースを飲んだ気分です。 ツボを押さえた講義が頭と心に効きました。 特に、テキストに沿って作業をすると、巧拙は別として、 一つのクレドが出来上がるというのが素晴らしいと感じました。 それとお土産が2つもいただけたこと。 お徳感がでていて、名古屋商法的だなぁと感じました(秀吉度100%)。 しかもそのお土産には宿題がついている点が心憎い。 感想(レビュー)は必ず送ります。(拝)

■ クレド講座ありがとうございます。 クレドのこと、なんとなくわかったようなつもりでおりましたが「腹に据えかねることがクレド作りのきっかけになります」っていうのは、衝撃でした。クレドとは会社の理念や姿勢を見せる、ものではなく 社員の行動を変える、ものだったのだ!と。 そして「クレド」を経営者が作る、ということは「自分は絶対にコレを守るもんね」という宣言みたいなものですから、 自らを徹底的に律するものにもなりえることも よくわかりました。 さて、どれから作っていきますやら。

当社は小さな会社ですから採用にチカラを入れ先輩が背中を見せていくことで「どれだけルールなしで自律していくプロ集団になれるか」にいわば挑戦しているようなところがありました。 でも、そろそろ「クレド」がいる時期なのかも・・・。(自分の進むべき方向に迷い、プロとしての成長の方向性を示してほしいと思っている若い社員がいるのは、事実だと思います)ちょうど今、会社が激変期を迎えています。その時にこうした講座を受けることができたのは本当によかったと思います。ありがとうございました!

■ 酒井さんのクレド講座についてですが、やはり期待通り素晴らしかったです。クレドについてはほとんど予備知識なしで受講したのですが、全く問題なし。クレドづくりのテクニックが3時間でわかるようになるなんて、やっぱり酒井さんは凄いですね。(もっとも、自分の能力からいえば、わかった気になっているだけなんでしょうけどノ)予備知識を仕入れて受講したら、もっと凄さがわかったんじゃないかなと反省しています。名古屋商法アカデミーは実践的なスキルも学べるのでありがたいです。どうもありがとうございました。またご案内ください。

■ 先月、酒井先生の講演を聴いてから、今回もとても楽しみにしていました。何がすごいって、リッツのクレドや他社のクレドをみて、「よそはすごいのを作るんだなあ」…。感心しながら始まったこの講座で、フンフンと聴きながら、ワークシートに思うことを記入していくと…。あら不思議!最後には「これ、自分で作れちゃったの?」という、クレドができ上がっていました。酒井先生の講座のすごいところは、次からはひとりでできる「テキスト&ワークシート」のてづくりキットがお持ち帰りでついてくることです。講演での感動が日を追うごとに薄れる…ではなく、日を追うごとに身につく仕組みになっているということでしょう。今回もこれから毎日この楽しいキットで、ひとつずつ作っていきたいと思います。また、講座に来られた方も皆さんとても魅力的な方ばかりでした。「クレド」に興味があるとい共通項でこんなに話が弾み、打ち解けられることにも驚きました。おかげさまで、たくさんのいい出会いのきっかけをいただきました。本当にありがとうございました。

(c) メールマガジン 007名古屋商法 2004-